ラリーモンゴリア3

朝、起きるとテントも張らずに、誰か寝てました・・・(まあ、荷物着いたのは、AM3:00でしたから)
e0125139_195152.jpg


今年もレンジャーは参加。一緒に走ります!(初日に抜かれたっきり、一緒に走ってませんが・・・・)
e0125139_1102740.jpg
e0125139_1104183.jpg
e0125139_111156.jpg


本日は200kmちょっとのループ。大きく南下するので、塩分と水分は十分にとるように注意をうける。きびしいサンドのルートが予想される。

しかし、5kmちょっとで現れたルートは・・・
超 湿地帯! 前進不可能なつるつるのマディの中でこけたときは、リタイヤを覚悟しましたが、なんとか水の溜まっている深い轍の中を伝って脱出!
本当に出られてよかったー。
湿地帯を出たところで、振り返って1枚。
e0125139_1181731.jpg


でもこの写真では、湿地帯の厳しさが伝わらないので、スノジさんからいただいた写真を・・。






























!!!
e0125139_1184693.jpg





















!!! 決して陶器ではありませんよ!
e0125139_1185938.jpg





湿地帯を抜けると、乾燥地帯へ。
e0125139_1192863.jpg
e0125139_1194440.jpg


ラクダもいました(飼いラクダか?!)
e0125139_120353.jpg


一部ナビが難しいところもありましたが、この日だけは、あまり迷わずゴールすることが出来ました。

メカニックのうなぎさん。泥落としが大変だったようです。スイマセン。
e0125139_1201727.jpg


豪快に、カレー。
e0125139_1204171.jpg
e0125139_1242537.jpg


キトーさんのHP2 いろいろ“工夫”が ほどこしてあります。
e0125139_125457.jpg









3日目の夜は更けていきます。
e0125139_1261469.jpg
e0125139_1262535.jpg
e0125139_1264189.jpg


追加情報
リアにはトレックバッグLをつけていきました。うなぎさんのアドバイスどおり、荷締めゴムひもで(ほんとはゴムベルトがいいのですが・・)もうひとくくりリアバッグをしばりました。 切れないサブベルトで縛るよりも収縮性がよいゴムの方が、緩まずいいとのことでした。(リアバッグも今回のつけ方で、最後まで問題ありませんでした!)


HP2補強部分。
HP2をラリーで使おうとすると、リアキャリアを支えている部分と、リアフレームの接続部分が破断してしまうという弱点がある。今回は、その部分を肉盛り溶接して参加した。また、フロントライトステーをマップケースのステーにすると激しいダート走行で曲がっている部分から折れてしまうということが他のバイクで続出?したため、矢印の部分のパイプ上部を肉盛り溶接して対応した(写真は肉盛り前)。
e0125139_1285517.jpg
リアキャリアは、荷物を積む場所を変えたこと、フロントステーに関しては肉盛り溶接が効いたのか、ゆっくり走行が効いたのか? どこかが折れるということはありませんでした。
[PR]
by satengs | 2009-09-19 01:45 | RMG
<< ラリーモンゴリア4 ラリーモンゴリア2 >>