ラリーモンゴリア1

朝になって、さらに忘れ物をしたことに気付く。30kgダッフルバッグに、ゴーグルを入れて出してしまっていた。それも予備の分も含めて全部。さらにあわてることに・・・。
なんとか、他の参加者に借りることができてなんとか、事なきを得た。ふぅ~。

ようやくスタートに立つ。なぜか目が合ったスタッフの数人から「落ち着いて。」とか「重量車だから減速は早めに・・・」などよく言われた。よっぽど引きつった目をしていたのだろう。
e0125139_22294477.jpg

e0125139_22321324.jpg
e0125139_22322418.jpg

e0125139_22323363.jpg
引きつってる?スタート直前(SSER HPより)
e0125139_23195475.jpg
緊張の!レーススタート
e0125139_22305157.jpg


リエゾン終了後のSS1スタート地点
e0125139_22315399.jpg
e0125139_2232463.jpg
e0125139_22325828.jpg


SSスタート
e0125139_22334056.jpg

男の夢!空撮!
e0125139_22335729.jpg

最初のCPにて
e0125139_22425595.jpg


初めて走るコースは、思った以上にタイトなピストもあり、さらにサンドもあり、道にクラックもありetcで、気を使うルート。ミスコースもしそうで“タフ”なコースでした。

SS2スタート地点より
e0125139_22492145.jpg
SS中の奇岩 ラクダとダカール?(現地ではそのとおりに見えたんですが・・・)
e0125139_22503045.jpg
e0125139_22505217.jpg


途中、縦溝で転倒、鎖骨を骨折していそうな参加者がおり、イリジウムで本部と連絡が取れるところまで、お手伝いした後、ゴールをめざす。
暗くなる直前にゴール。ほっとしましたが、すでに初日で手の握力が無くなってしまっていて、ウエアーのジッパーも上手く降ろせなくなっていました。 明日から大丈夫だろうか・・・。


今回、毎日疲れきって帰ってくることがわかっていたので、自分でテントを張らず、ゲルテントをレンタルしました。
e0125139_2251415.jpg
e0125139_22515444.jpg



Day0で気になったことを、追加で以下に記入します。(今後の参加者の参考になればと思いますので・・)
1)GPS位置データ(ウェイポイント)は、事前に大量に?送れられてきますが、現地での入力サービスでは、入力できないことがあるので、事前に入力することをおススメします。〔実際、私のe-trex legend日本語版は現地で入力サービスを受けられませんでした。理由はGPS同士をつなげるコードが無かったからという理由らしい・・・(例年は、通年参加のオフィシャルが持っていたので、それを使っていた。今年はそのオフィシャルが不参加だった・・?) 〕

2)これは最終的に思ったことですが、やはり直接身につける着替えは(靴下、ジャージ、アンダーパンツ)、ケチらず?持って行ったほうがいい。私は、なぜか、通常のパンツ(トランクス)・Tシャツ・普通の靴下・タオルを多めに持っていってしまいましたが、たいして汚れないので、これらのものは、新しいまま残ってしまいました。逆になぜか、ジャージ類は3日に1枚くらいの枚数しか持って行きませんでした。(ナゼ??) できれば、毎日(せめて2日に1回は)かえたかったですね。
[PR]
by satengs | 2009-09-01 23:07 | RMG
<< ラリーモンゴリア2 ラリーモンゴリア0 >>